樹木霊園・樹木葬について

自然に抱かれた樹木公園型の霊園。

g01
「東広島 樹木霊園」は、四季の自然が溢れる樹木公園型霊園です。
霊園のシンボルである合同墓「無量寿塔」を中心にして、石碑式墓地を中央に、それを囲むように樹木葬墓地が配置されています。
樹木葬墓地は、桜(さくら)区画と紅葉(もみじ)区画があり、その名称のとおり、それぞれ桜・紅葉を中心に植栽されています。ご家族連れのハイキングを兼ねたお参りや静寂の中での読書など、人生の癒しの場としてもご利用いただけます。

バリアフリー設計

駐車場からそのまま車椅子でお参りができる平地のバリアフリー設計で、バス停からは僅か50メートルと、お年寄りの方にも優しい自然を取り入れた霊園です。

樹木葬とは

g02 樹木葬とは、焼骨を木綿の布袋に入れて直接土中に埋め、石のプレートに俗名・没年月日などを彫刻し墓標とする埋葬方式です。
古来人間は死後どうなるかと、死後の世界を想像する中で、自然回帰の考えが主流となり現代でも、インドで見られる、鳥葬・水葬・土葬などの葬り方が残っているように、人類は何時の時代も死後の世界の安らぎを模索するのであります。
近年、自分の死後は自然に還りたいという風潮から生まれた新しい埋葬形式と言うよりも、古墳時代の埋葬法に近い考え方といえないでしょうか。
「東広島 樹木霊園」は従来の石碑式墓地と異なりご遺骨は次第に土に還ります。
樹木葬墓地「桜区画・紅葉区画」は、故人の自然回帰の御遺志を反映できる新しいタイプの墓地です。

墓石のご相談、また仏事法要も承ります。

g01
石碑式墓地については、実際の状況がイメージできるよう、現地に墓石のサンプルを展示しています。

ペットと一緒に埋葬できる区画を新たに開設