使用規約

東広島樹木霊園使用規約(樹木式、石碑式、合同式)兼用

第1条

東広島樹木霊園(以下当霊園という)を使用する者は本規約に従うものとする。

第2条

当霊園は宗教宗派の如何を問わず、何人も使用する事ができる。

第3条

当霊園は墳墓以外の目的に使用する事はできない。

第4条

当霊園を使用希望する者は墓地使用申込書に所定の事項を記載し、石碑式墓地,樹木葬式墓地、合同墓とも永代使用料を所定の時期に納付しなければならない。

第5条

当霊園の永代使用契約の際には所定の管理費を納めなければならない。
1.管理費とは園内の清掃(第6条にいう承諾証の区域を除く)環境の整備、及び事務管理に要する費用をいう。
2.管理費は物価や経済変動により変わる。
3.樹木葬式の使用契約をされた方の植樹の管理は使用者にて実施し、前記、管理費には含まない。
4.墓地管理料も一年あたり5,000円×30年間分の150,000円を納めなければならない。

第6条

永代使用料及び管理費を完納したときは、墓地永代使用承諾証の交付を受けるものとする。

第7条

使用権者もしくは埋葬料の名義・住所などに変更があった時には、当霊園所定の書式により速やかに変更手続きをとらなければならない。尚、使用権者もしくは埋葬権者が死亡のときも同様である。

第8条

埋葬又は改葬するときは使用権者もしくは埋葬権者は承諾証に市町村長の発行する火葬許可証又は改葬許可証を、分骨のときは現に埋葬されている墓地管理者の発行する分骨証明書をそれぞれ添付の上、当霊園管理者に提出し、所定事項の記入を受けなければならない。

第9条

使用権者もしくは埋葬権者は、墓地設備を施さずに埋葬してはならない。

第10条

埋葬場所・設備については下記事項による。
1.工事着手に際しては、事前に当霊園所定の書式により手続きをすること。
2.設備工事については、当霊園工事規定による。
3.使用範囲を明確にする為に、境石を築くこと。
4.管理の責任上、墓石や巻石の施工・樹木・焼骨埋葬等については、当霊園指定石材店(有)今田石材・造園業者に限るものとする。巻石施工は契約後一ヶ月以内の施工とする。

第11条

石碑式墓地の使用権者がその使用権を放棄するときは、その区画を原状に復し、承諾書を添え、その旨書面を以って管理者に届けなければならない。
放棄された使用権は当霊園に帰属し、既納の使用料及び管理費は返還しない。

第12条

樹木葬式墓地の最終継承者が死亡もしくは住所不明となった時、その埋葬権終了時点で既埋葬の焼骨は土に還ったとして、埋葬権は当霊園に帰属するものとする。

第13条

次の各項に該当する場合は使用権もしくは永代使用権を取り消し、使用料及び管理費は返却しない。
1.他の使用者の信仰に圧力を加えたり、近隣の迷惑になる行為をしたとき。
2.当霊園の使用規約並びに工事規定に違反したとき。

第14条

次の各項に該当する場合は、使用権を取り消し、使用料及び管理費は返却しない。
1.使用権者が死亡した日から5年以上経過しても祭祀を継承する者がいないとき。
2.使用権者が住所不明となりかつ縁故者がなく、5年以上経過したとき。
3.使用者である法人が解散した時。
但し、前各号の場合は事前の永代祭祀申込みにより、宗教法人観音寺が永代祭祀を行う。永代祭祀料については別に定める。

第15条

使用権もしくは埋葬権を継承するときは、継承原因を証する書類並びに住民票抄本等を添付し、所定の届出をしなければならない。

第16条

承諾証の再交付、使用権もしくは埋葬権の継承や使用もしくは埋葬証明書請求等の場合には、別に定める手数料を納めるものとする。

第17条

前各条に定めなき事項については、その都度協議決定する。